トップ / 法人カードは年会費以外にもメリットが

法人カードの年会費を紹介

法人カードは年会費以外にもメリットが

法人カードにはメリットが沢山ある

「法人カード」のメリットについていろいろ調べていくうちに、法人カードをもつことにより得られるメリットは、「経費計上できる年会費」以外にもたくさんあることが分かりました。それも小さな事業者ほど「法人カード」によって得られるメリットが沢山あるのです。

実は、「法人カード」を持つメリットは、私の様に法人登録していない「個人事業主」や、従業員数が少ない小さな会社であるいわゆる「中小企業」こそ享受できるのです。その理由は、私たちの様に事業に関わるスタッフ全員がある程度の支払い決裁権を持たないと事業が回らないこと、スタッフ数が少ないがゆえに経理関係に人材を割く余裕はないことに深く関係があります。「法人カード」ならば、スタッフのだれもがそのカードを使って支払いをすることができます。支払い履歴はそのままカード履歴に記録されているので、支払時期や支払い内容をいつでも確認することができます。このようにスタッフ数が少ない事業者が「法人カード」を持つことによって得られる経費の一元管理化は、日常業務の簡素化と効率化につながり、ひいては経費の計上漏れを防ぐことができるのです。

そもそも私が「法人カード」に興味を持ったきっかけは、先にお話ししたように、奥さんが使える事務所用のクレジットカードが欲しいと考えていたことがきっかけでした。「法人カード」なら、奥さんと共有できるクレジットカードにできるので、日常的に発生する支払い関係を任せることができます。そして前述のとおり支払い履歴はすべて残るため、経費の計上漏れを防ぐことが出来ます。

そして、そのうえ契約する「法人カード」によっては、サービスポイントやマイルの優遇まであるのです。このようなサービスで付与されるポイントやマイルを利用した時の経費処理はどうなるのでしょうか。