トップ / 法人カードの審査に通るために

法人カードの年会費を紹介

法人カードの審査に通るために

法人カードの審査に通るためすること

いろいろ調べていく中で、もう一つ非常に気になる重要な事柄がありました。それはもちろん「法人カードの審査に通るための条件とは何か?」ということです。「法人カード」にももちろん審査があり、しかも個人利用カードに比べて厳しい審査基準があるようなのです。

クレジットカード会社の立場に立って考えてみれば、「法人カード」の審査には厳しくならざるを得ない様々なリスクがあります。たとえば、「法人カード」は事業利用に使われるクレジットカードとして、複数のスタッフが使用することから、高い利用金額が予想されます。支払い能力のある事業主なのか。そして、「法人カード」の契約者である「法人」が倒産してしまった場合、クレジットカード会社は利用金額を回収できない事態が起きるリスクがあるのです。

それではどのような審査基準をクリアすれば「法人カード」の審査を無事に通過することができるのでしょうか。「法人カード」の審査に通るために備えておくべき条件に付いて調べてみました。

まず、「法人カード」の審査基準は、「設立3年以上で黒字決済の企業」だといわれています。まだ実績がなく社会的信用を確立したとはいえない設立間もない事業者が、いきなり「法人カード」を申し込んだとしても、カード審査に落ちる可能性は高いものと思われます。また、このような創業歴のほかにも、会社専用の電話番号を持ち、事務所に固定電話が引かれているかも重要な審査基準の一つです。また最近では、企業サイトを持っているかどうかも重要な審査基準になっているようです。また、代表者のいままでのクレジットカードヒストリーも調べられるので注意が必要です。

このように小規模事業者が「法人カード」を持つメリットは大きいのですが、カード取得には相応の審査基準をクリアする必要があるようです。優良事業者として認められ「法人カード」が得られるよう努力を重ねていきたいと思います。